ダルビッシュ有「プレミア12出場選手、体は大丈夫?いつもならオフなのに」

印刷

   大リーグ、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有(29)は11月19日(2015年)、開催中の「世界野球プレミア12」の選手たちを「身体大丈夫なのか?」とツイッターで心配している。

   プロ野球ではこの時期は秋季キャンプを終えてオフに入り、体を休める。しかし、2015年はプレミア12が開催され、日本代表の選手らは強化試合も含めると11月5日から19日までの15日間で9試合を戦った。21日には3位決定戦も行われる。

   ダルビッシュは、「もう12月になりそうなのにバリバリ野球やっていて選手たちは身体大丈夫なのか?」とツイートした。

   「確かにそれは思います。 今の時期は長丁場のシーズンを戦い抜いた身体を来シーズンに向けて休ませたりする時期だと自分は思います。」「この時期に全力での野球は?とは確かに思いますね。」など、同調するリプライは多い。

   しかし、ダルビッシュのツイート時刻が準決勝の日本対韓国戦の試合中だったこともあり、「なんで試合中に水を差すんですか(憤怒)」「試合中に盛り下げるな」「日本の維新(原文ママ)をかけて選手は頑張ってます」と反発する声もある。

   ダルビッシュは「見るのが楽しいのは分かるんですがもうちょっと視野を広げて欲しいですね。 アメリカではファンも選手のキャリア、人生、健康を尊重しますから」と追ってツイート。

   「なんでこの時期に野球なんかしてんの?って言ってるんじゃなくて この時期は怪我しやすいから選手が心配だなと呟いただけじゃないですか」などと、なおもダルビッシュを擁護する声が出た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中