2018年 7月 23日 (月)

NHK「花燃ゆ」最低視聴率は確定?総スカン食った安倍首相地元サービス大河

印刷

   NHK大河「花燃ゆ」は残り3話となったが、クライマックに差しかかっても視聴率はまったく上向かず、2012年の「平清盛」の全話平均12・01%を下回って過去最低となりそうだ。

   花燃ゆは46話までの平均視聴率は11・96%で、残り3話が13%半ば以上でないと平清盛を上回れない。しかし、ここ数回は11~12%台が続いている。

   安倍政権に喜んでもらおうとでも思ったのか、長州の吉田松陰の妹という無名の主人公で無理やりお話を作ったのが失敗の最大の原因だろう。主役に起用された井上真央がかわいそうである。安倍首相のお友達の籾井勝人会長の責任は大きい。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中