トルコ「ロシア軍機」撃墜!領空侵犯繰り返した・・・救援のヘリも不時着

印刷

   トルコ政府はきのう24日(2015年11月)午前、シリア国境で領空侵犯をした国籍不明機を撃墜したと発表した。ロシア政府は撃墜されたのはロシア軍機スホイ24と認めたが、領空侵犯を否定し、プーチン大統領は「テロリストの共犯者に背中から刺された」とトルコを非難した。今後のイスラム国(IS)空爆にどう影響するか、なかなか微妙だ。

脱出の乗員2人、シリア反政府勢力が射殺

   トルコ軍によると、ロシア軍機は5分間トルコ領空を侵犯し、トルコ側が10回警告したが聞き入れなかったため撃墜したという。機体はシリア領内に落ち、乗員2人は落下傘で脱出したが、シリアの反政府勢力が「2人を射殺した」と発表した。ロシア機はこの反政府勢力(トルクメン人)を攻撃していたという。反政府勢力は救援に出動したロシア軍のヘリコプターも攻撃して、シリア領内に不時着させたが、これをミサイルで破壊する様子をネットで公開した。

何があったのか?

   ロシアは先月末、シナイ半島上空でロシア旅客機がISのテロで墜落、224人が死亡し、制裁としてISの拠点の空爆に踏み切った。しかし、アメリカをはじめとする有志連合はアサド政権の打倒を目指し、反政府勢力を支援していたのだが、アサド政権を支持するロシアはISと同時に反政府勢力の拠点も空爆していている。

   パリ連続テロ後、米ロ仏の話し合いでISに攻撃を集中することで合意したとされていたが、きのう撃墜されたロシア軍機は反政府勢力をねらっていた可能性が出ており、微妙なことになりそうだ。トルコは有志連合に参加してはいるが、クルド人など反政府勢力には厳しく敵対しており、これもシリア情勢を複雑にしていた。

米ロ仏のIS空爆どうなる?

   司会の夏目三久「トルコとロシアの関係はどうなってくんでしょうか」

   藤森祥平アナ「こういう混乱はISの思うつぼなんじゃないか」

   龍崎孝(TBS解説委員)「一時的にはテロリストを利することになるけれど、フランスのオランド大統領がプーチン大統領と会談して、打開を図るのではないでしょうか」

   夏目「どうしてトルコは攻撃したのでしょう?」

   龍崎「ロシア機がこれまでもトルコの領空侵犯を繰り返していたとして、対立関係にあったんです。今回の事件も偶発的とはいいきれません」

   夏目「アメリカはどういう立場ですか」

   龍崎「静観の構えですが、空爆での協力がほしいフランスはちょっと違うでしょうね」

   そのフランスはきのう、パリでのテロに関わった30歳のモロッコ系ベルギー人を指名手配した。これで逃亡者は2人になった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中