2018年 12月 19日 (水)

ラッパー「50セント」もうヤンキースファン降りる!ジーターの一言が気に入らない

印刷

   元ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターとお騒がせで有名なラッパー「50セント」の間で騒動が持ち上がっている。スウェーデンの高級下着ブランドFrigoは広報活動を一方的に降りたことでジーターに約500万ドルの損害賠償を求める訴えを起こしたのだが、ジーターは降りた理由として、ブランドの顔に50セントが採用されることを納得できなかったため報じられた。ジーター側は慌てて「そのような事実はない」と反論のコメントを出した。

「メッツがんばれ。最近は誰も信用できねえな」

   おさまらないのは、こんな形で名前を出された50セントだ。長年、ヤンキースファンだったが、インスタグラムにジーターの写真をアップし、「もうヤンキースファン降りようか。メッツがんばれ。最近は誰も信用できねえな」と書いた。ネットユーザーは「電話1本すれば済む話でしょ」と呆れている。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中