「課外活動」妙に熱心だった問題教師!小学男児を自宅に連れ込み全裸映像

印刷

   教え子の小学校低学年の男子児童を自宅マンションに連れ込み、裸にして写真に撮っていた東京三鷹市内の公立小学校教員・熊沢正通容疑者(38)が25日(2015年11月)、強制わいせつ、児童買春ポルノ禁止法違反容疑で逮捕された。「親にしゃべちゃダメだよ」と口止めをしていたという。

   警視庁によると、数十人の児童が被害にあっていたとみられ、自宅のパソコンから男子児童の裸の写真が大量に見つかった。熊沢は「自分が脱がせたわけじゃない」と話しているという。

毎週土曜日に「虹色学級」

   熊沢は07年に東京都教職員に採用された。学校関係者によると、「性格は普段は温厚でおとなしく、子どもに対して情があって慕っている子も少なくなかった」と高い評価をしている。1年生から6年生までの男子児童だけを集めて「虹色学級」という課外活動を続けていて、毎週土曜日に杉並区内の小学校を借りて竹トンボや新聞づくりをしていた。杉並区の申請された書類には「子どもたちの喜ぶさまざまな活動を行う少年団体」と記されていた。

小倉:桃色学級

   ところが、参加した子どもの証言によると、学年によってTシャツの色を変え、子どもたちが作った新聞の自己紹介欄には熊沢が「子どもたちの友であり師匠、イメージカラーはあか」と書いていた。長髪で小太りの体型に、いつも赤い服をきており、子どもたちに「中将」と呼ばせていたという。

女子生徒を膝に座らせ保護者から苦情

   虹色学級は隠れみのだったのか、その中の気に入った男子児童を自宅に度々連れ込む姿を保護者に目撃されていた。「後部座席に子ども4人、助手席に1人を乗せて自宅に連れていった。虹色学級の一環なのに、なんで家に男の子を入れるのかなと実は思っていた」と話す。

   男子児童ばかりでなく、昨年6月には複数の女の子を膝の上に座らせ、体を触られた子のいたという。保護者から学校に苦情が寄せられたこともあった。なぜ厳格に対処されなかったのか。虹色学級の活動が10年以上の実績があり、大目に見られていたらしい。

   司会の小倉智昭「虹色学級?やっていたことは桃色学級に近い」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中