小見山幸治参院議員せこい!「ライザップ」費用を政治資金で支出・・・でも痩せてない

印刷

   民主党の小見山幸治参院議員が、高級スポーツジムに通った費用を政治資金から出していたことがわかってひんしゅくを買っている。本人は「政治活動だ。税金は使ってない」と弁解しているらしいが、地元選挙民からはボロクソだ。答えは次の参院選で出るだろう。

ツイッターで大食い自慢

   先に公開された政治資金報告書で明らかになった。小見山議員の政治資金管理団体が、「スポーツ振興の一環」としてスポーツジム「ライザップ」の費用を支出していた。ライザップは有名人の太鼓腹が2か月で筋肉に変わったというCMで知られるようになった。「結果にコミットする」がうたい文句で、費用も高いが、ハードなトレーニングときびしい食事管理を課せられる。

お金ゴチャゴチャ

   小見山議員は岐阜選挙区から2010年初当選した。もともとスポーツ振興に力をいれていたといい、昨年(2014年)1月ころから秋にかけて「ライザップ」に通った。その費用75万円だった。

   「モーニングショー」はいじわるにも小見山議員のツイッターを丹念に拾った。「昼は大好き味噌カツ」「冷したぬきのダブル」「三連休、鰻、餃子に続いて今夜は焼き肉。スタミナつけてがんばります」と書かれていた。ご丁寧に、スタッフが議員いきつけの味噌カツと冷したぬきの店を訪れて、食べてみせた。「大変なボリュームです」

   秘書に聞くと、議員がライザップに通ったのは「5、6回か7、8回だと思う」「結果は出てる?」

「理論的に学んだことはあるんじゃないですか」。

   議員がジムに通い始めた頃と半年後の映像を探し出してきて比べた。どうもなにも変わってない。これをまた地元選挙民に見せて、「得たものがなにもないんならムダなお金」といわせた。まさに注文通り。

空々しい釈明・・・「スポーツ振興の一環。税金使ってない」

   本人はことが話題になってからは姿をみせない。おととい28日(2015年11月)に予定されていた多治見駅前の集会も欠席だった。かわって秘書に聞くと、「金額が高いのは確かにそうだなと思っていますが、筋トレのやり方だって学んだことにはなる。(支出に)違法性はない。寄付や励ます会、パーティーから支出している。税金は1円も使っていません」

   これにも選挙民は、「こじつけにしか聞こえない」「ダメなのわからんのかなあ」「ジムは自分の健康のため。スポーツ振興といわれても疑問ですよ」

   議員もジムに関しては、ツイッターに書き込んでいなかった。それでも政 治活動なのか。

   司会の羽鳥慎一「スポーツ振興に役立つかどうか、確かめるためにジムを利用したといっています」

   石原良純「なんでこんなことするのかなあ。自分の金と政治資金がごちゃごちゃになってるんでしょ」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「本来、自分のお金で払うのが常識ですよね。政治活動と言えば何でも通るというのはせこい」

   住田裕子(弁護士)「スポーツ振興というのなら、ちゃんと発信しないといけないですよ。それをやっていないのは、後ろ暗いところがあるからでしょう」

   玉川「オープンになってるんだから、結果は次の選挙に反映されます」

   選挙民は見ている。テレビはちょっと過剰に見せつける嫌いはあるが、それがテレビ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中