妖怪・戦争記憶と生きた水木しげる93歳!最後は「ゲゲゲの女房」にアイコンタクト

印刷

   「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんがきのう30日(2015年11月)に多臓器不全で亡くなった。93歳だった。妖怪マンガというユニークなジャンルを拓く一方で、戦争体験もシニカルに語り続けた。安保法制にもきびしい言葉を発していた。

   水木さんは先月11日に自宅で転倒し、頭を打って入院していた。自宅に戻った妻の布枝さん(83)は最期の様子を「悲しいです。何もできなかったですよ。アイコンタクトちょっとしただけ」と涙を見せた。

   結婚50年。二人三脚の様を描いた「ゲゲゲの女房」は、NHK連続テレビ小説にもなった。2人で編んだすばらしい記念碑だ。

陰惨なニューギニア体験「戦争はすなわち死ですよ」

   明日(2日)発売の雑誌「怪」(KADOKAWA)には、水木さんの最後の筆になる妖怪が描かれている。その巻末のコメントにはこうある。「最近、妖怪を感じる。今、目の前をうろちょろしている妖怪は、実際に昔の人も見たやつだと思う。即ち、幻想と人間の中間にあるものが存在しているんだと思う。これは、じっと観察していないとなかなか掴みにくいけど、確かに存在しているようだ」

語り部

   言葉も映像もたくさんある。2010年、文化功労者になったとき、「もうちょっと上の賞はないのかな。普通の賞では驚かない」という水木さんに、布枝さんは「普通の賞じゃないわよ」

   「戦争体験から死んでもともとという考え方をもっていたし、あまり現実の人生に期待していなかったから、生きてこられたようなもんだ」(「ねぼけ人生」)。8月の「水木しげるの戦争と新聞報道展」で若い人へのメッセージをと乞われ、「戦争はすなわち死ですよ」といっていた。

   昭和18年、21歳で応召してニューギニアへ送られた。上官のいじめやマラリア、空襲で左腕を失った。小隊が全滅して水木さん1人が生き残り、5日もさまよって中隊に合流すると、中隊長は「みんな死んだのなら、お前も死ね」と玉砕を強要された。これが原点になった。

   妖怪のイメージは、鳥取・境港で幼い頃に見聞きした拝みばあさん「のんのんばぁ」の話だ。「ゲゲゲの鬼太郎」がテレビ番組になったときはすでに40歳を過ぎていた。同時に「総員玉砕せよ!」「水木しげるのラバウル戦記」などできびしく戦争を告発し続けた。

安保法制にも強く反対「死んだ兵の霊がそうさせてるんじゃないか」

   浜田敬子(「アエラ」編集長)「戦争を体験した人たちが亡くなっていきます。もっと聞いておけばよかった」

   青木理(ジャーナリスト)「安保法制が通った戦後70年という年に、水木さんが逝くというのは時代を象徴しているような感じです。『総員玉砕せよ!』で、戦記を読むと怒りを感ずるのは死んだ兵の霊がそうさせてるんじゃないかと書いています」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「かつてあった妖怪が、いま再び見えるともいっていますね。(戦争と)結びつけて考えざるを得ないです」

   司会の羽鳥慎一「貴重な語り部をなくしました」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中