すごろくご当地クイズ・・・昭和的ゆるさが心地いいテレ朝低予算番組!旅行気分も味わえるおまけ
<ご当地クイズで日本縦断!すごポン>(テレビ朝日系)

印刷

   一瞬、昭和にタイムスリップしたかのようなクイズ番組を発見した。47都道府県をすごろくのマスに見立て、止まった都道府県のご当地クイズを解きながら日本列島を縦断するというもので、沖縄から出発し、ゴールの北海道を目指す。それにしても、いまどきすごろくをテレビ番組にしようという発想にびっくり。いろいろチープで、テレ朝、相当経費をケチったなという感じ。
   競うのは3チームだ。出身県別にチームを組んでいて、九州チームは元日本テレビアナウンサーの大神いずみと博多華丸(博多華丸・大吉)、関西チームは陣内智則と山村紅葉、関東チームは井森美幸と澤部佑(ハライチ)といった顔ぶれだった。
   クイズの中身は「山手線で漢字4文字の駅が2つ。どことどこ?」と他愛ないもので、答えは高田馬場と新大久保なのだが、これがなかなか出てこない自分に苦笑する。ご当地クイズはその土地のグルメや温泉、観光スポットなどに関するもので、ちょっとした旅行気分も味わえるというおまけつきになっている。
   最初はこんな低予算番組と小馬鹿にしながら見ていたが、途中からこのゆるさが逆に心地よくなってきた。前日、日本テレビ系で最強の頭脳を競う「頭脳王」という番組をやっていたが、あちらは超難問ばかりでただ見ているしかない。こちらは自分たちも参加できて結構楽しめた。すごろく侮るなかれ!(放送2015年11月28日14時25分~)

(白蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中