ロックバンド「レディオヘッド」トム・ヨーク「ユーチューブ」嫌い!音楽軽んじて実入りも少ない

印刷

   CDを何百万枚、何千万枚と売ってきたような大物アーティストのなかには、ユーチューブで再生されるのを嫌がる傾向がある。ロックバンド「レディオヘッド」のフロントマン、トム・ヨークも先頃、メディアのインタビューでユーチューブをこきおろした。

   ヨークが歌う代表曲「クリープ」はユーチューブの再生数が約1億回以上ある。

ネット反論「イヤなら公開しなければいい」

   ヨークはタダで音楽をばらまくユーチューブには音楽へのリスペクトが欠けているし、そこで音楽が再生されてもミュージシャン側への実入りが少ない。ユーチューブは美術品などを収奪したナチスドイツと同じだとまで言う。ユーチューブを見るときは、ユーチューブを儲けさせないために、広告をブロックするソフトを使用しているそうだ。

   これに対して、アーティスト側はいつでもユーチューブから楽曲を引き上げることができるのだから、イヤなら公開するな、広告がなければユーチューブにもミュージシャンにも収入は入らず、共倒れであるといった反論が出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中