2018年 11月 15日 (木)

12月はシャンプーとビデオカメラが安い!スーパー・家電量販店・ドラッグストア客争奪

印刷
「12月の買いどき商品はシャンプーとビデオカメラ」

   経営コンサルタントの坂口孝則が今月(2015年12月)に値下がりするとすすめた。スーパーが年末に力を入れるのは食料品だが、そこでライバルのドラッグストアはシャンプーなどの日用品を安く売って客を呼び込もうとするからだ。歯ブラシや入浴剤、洗濯洗剤も12月は買いどきだという。

旧モデルの在庫一掃

   ビデオカメラはメーカーが新モデルを投入するのは入学式を控えた1月ごろ。このため、家電量販店は11~12月に旧モデルの在庫一掃を兼ねて安売りを実施する。最近は、スマホに食われてビデオカメラの出荷額は10年前に比べ10分の1に激減しているが、差別化を図って高機能、高画質の商品が登場している。

   内科医のおおたわ史絵「シャンプーは値段を気にしないで買っていましたが、いそいで買わなきゃと思いましたね」

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中