2018年 7月 21日 (土)

不正製造40年!「化血研」インフルワクチンは安全か?記録でっち上げ

印刷

   血液製剤やワクチンの有力メーカーの一般財団法人「化学及血清療法研究所」(化血研・熊本市)が、国の承認と異なる方法で製品を作っていた問題で、化血研はきのう2日(2015年12月)、第三者委委員会の報告書を公表した。不正は40年も前から行われていて、ニセの製造記録まで作って隠蔽していた。ただ、製品による重大な副作用の報告はないという。

薬害エイズでも汚染血液製剤

   化血研はワクチンのシェアでインフルエンザ29%、ポリオ64.2%、日本脳炎36.2%、B型肝炎79.9%という有力メーカーだ。インフルは他のメーカーが3社あるが、そのほかのワクチンはライバルはそれぞれ1社しかない。血液製剤によるエイズ薬害訴訟(1996年に和解)の当事者の1つでもあった。

信用できない

   問題が明るみに出たのは5月にあった内部告発だった。国が承認していない方法で製造を始めたのは74年からで、製造記録を2通作り、紙を古く見せるために紫外線を当てることまでしていた。第三者委は「常軌を逸した隠蔽」としている。

   宮本誠二理事長は「今回の報告で初めて知った」「危険があるという認識はなかった」「安全性に問題はない」などと答えたが、「なぜ安全だといえるのか」と聞かれると、長い沈黙のあと、「申し訳ありません。十分なお答えができません」

   化血研は宮本理事長以下理事9人全員の辞任・辞職を発表した。

予防接種のメーカー選べないの?

   司会の羽鳥慎一「血液製剤で40年間不正な製造をしていたメーカーが、インフルエンザ・ワクチンの3割を作っているんですよね。インフルエンザとB肝炎は大丈夫と言っているが、本当に大丈夫なのでしょうか」

   川崎医科大の沖本二郎教授は「薬剤の判定はまず臨床効果があるか(効くか)、副反応(副作用)があるかどうかを見るのですが、発表では他のメーカーのものと差がないので、大丈夫だといわざるをえない」という。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「文書を偽造していた会社なんて信用できないじゃないですか」

   高木美保(タレント)「会社に利益のあることは大丈夫ですといい、なぜやったのかという問いには自分には責任はないという。典型的な責任逃れの答えですよ。10年前、20年前と隠蔽体質は変わってないんじゃないですか」

   取材した岡安弥生レポーターは「インフルエンザ・ワクチンでは製造方法に不正はなかったようですが、製造記録に不正がありました。血液製剤は両方不正」という。

   羽鳥「(インフルエンザ製造で)本当に不正がなかったのかと思っちゃう」

   沖本教授「言えるのは、副反応が特別に出てはいないということ。医療機関で毎年調べてるから、これは確かです」

   羽鳥「メーカーの数が少ないのはなぜなんですか」

   沖本教授「昔はたくさんあったのですが、ワクチンの効果が疑われて使われない時期があって、この間に多くが撤退しました。むしろ、これらは頑張っていてくれたわけですが、ワクチンが見直されたのは10数年前からです」

   羽鳥「化血研にも頼らざるを得ないというわけですね」

   沖本教授「この冬に間に合わなくなる」

   玉川「消費者は拒否できる。他社ががんばってつくればいい」

   第三者委は「研究者のおごりがあった」とも指摘している。「自分たちは専門家で、当局よりよく知っている」という意識だ。原子力でもあった。建築偽装でもあった。役所がなめられている。内部告発がなければわからなかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中