中国PM2・5最悪汚染!九州・四国に来襲・・・風にのって日本列島北上

印刷

   おととい1日(2015年12月)の北京市内はPM2・5のため大気が濁って、朝8時でも真っ暗、車はヘッドライトをつけなければ走れず、高速道路は一時閉鎖された。「ひどすぎるよ。排ガスの臭いがする」「子どもが肺炎になったら、医者にPM2・5と関係あると言われた」と、市民はマスクなしでは毎日の生活もできない。いかにも中国らしく、トンデモ対策グッズも花盛りなのだが、日本にも飛来している。

トンデモ対策グッズ爆売れ!空気清浄機つき帽子、スモッグ砲・・・

   1立法メートル中にPM2・5が1000マイクログラムと、中国環境基準の28倍の濃度で、当局は市民に外出しないように警告した。パリで開催中の国連気候変動対策会議COP21で習近平主席は「環境対策を進める」と語ったが、汚染は悪化の一途だ。

逃げられない

   北京に近い河北省の村では、暖房の99%に石炭を使う。住民男性は「国から補助金が出ないと、無煙のものにはできない」と改める気配はない。北京の男性が空気清浄機を3か月つけっぱなしにしたら、集めた粉じんでレンガができたという。

   去年(2014年)からは市内にヘルメット姿の人が目立ち始めた。「新鮮な空気」の缶詰が約100円で売りだされて行列ができた。今年は頭からすっぽりかぶるボディースーツが7000円で売られている。屋外で遊ぶ子供たちは1万7000円の空気清浄機つき帽子をかぶる。

   1度に10トンの水をまく「スモッグ砲」とやらも登場した。トラックにつんだ大砲のような形で、「汚染を減らす効果がある」と1500万円だ。

年末年始から春が危ない

   日本には影響はないのか。福岡市などにおととい1日に大量に飛来した。観測データでは、きのう2日は朝から九州に広がり、夜9時には四国に達した。冬から春にかけて日本列島に飛来し、風で西日本から東日本に北上する予想されている。

   司会の小倉智昭「中国は周辺国にどれだけ迷惑をかけるのか。国家を代表する人が演説している間にこうなのだから」

   キャスターの菊川怜「空気からは逃げられないですからね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中