2018年 9月 19日 (水)

若槻千夏「『芸能界復帰』は世間様が決めること。需要があって成り立つ仕事だから」

印刷

   「さんまのまんま」(フジテレビ系)で約4年ぶりにテレビ番組のスタジオ収録に臨んだタレント・若槻千夏(31)は、「芸能界本格復帰」というニュースを受けて、復帰への思いを12月3日(2015年)のブログに書いた。若槻は09年にアパレルブランド「WC」を設立した前後から芸能活動をセーブし始め、主にデザイナーとして活躍していた。

   ネットでは「もう知らない人もいるんじゃない?」「別に芸能活動を再開しなくても需要がない気もする」などの書き込みが目立っているが、若槻は「本格復帰とは私が発言する事でも決める事でもないと思ってます。それは世間様が決める事ですからね。需要があって成り立つ仕事ですからね」と冷静だ。

   「なぜこのタイミングでテレビに出るのかとかいろいろ思うかもしれないですが、私はただ単純に今は昔みたいに考えすぎず今の私のまま、ありのままでテレビに出れる気がしたからです」とし、デザイナー業とともに「バラエティーも、やっていきたいなと思っています。両方とも片手間にならないのが今な気がしました」と復帰への思いを書いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中