2018年 7月 22日 (日)

「居空き」住人いる家から真っ昼間にドロボー!37歳女「こんにちは」と侵入

印刷

   住人がいる家に日中に侵入して金品を盗む「居空き」などを140件も繰り返していたとして、福岡県久留米市の佐藤亜弥容疑者(37)が窃盗容疑で逮捕された。8月(2015年)の午前9時すぎ、久留米市の繁華街にある歯科医院に患者を装って盗みに入るなど、13年9月から2年間で52回の窃盗を行っていた。空き巣や事務所荒らしなどもあったが、住人が気づいたのは28件だけだった。被害総額は880万円になる。

被害住人「まったく気付かなかった」

   居空きはほとんどが正面玄関から「こんにちは」と声をかけ、返事がないと上がり込み、「こんにちは」を繰り返しながら現金や宝石などを盗む。住人と鉢合わせしたら、「娘さんはいますか」「田中さんの家はどこですか」などと話して取り繕い、「今はいないけど」などと対応しているあいだに平然と出ていく。

大胆です

   佐藤を知る人は「身なりはきちんとしていて、派手なアクセサリーはつけず、だれとでもものおじせずに話す」と、やわらかい人当たりを語る。「まさか盗まれていたとは」と驚く被害者もいた。

   今年9月、盗んだキャッシュカードでコンビニのATMで現金50万円を引き出す姿を防犯カメラがとらえ、逮捕された。盗んだ金は生活費やアプリ代金に使ったという。

   司会の小倉智昭「今までの泥棒はいかにもこわもてで、家の中にいたらパニックになる。この人はそうはならなかったのですね」

   ニュースデスクの笠井信輔「1人キャッツアイという感じです。こういう人が盗むとは普通思わないですね」

   佐藤は3児の母親だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中