住人ビックリ!マイホームの下から遺体・・・施工の大工が妻殺害・遺棄

印刷

   死体遺棄容疑で逮捕された京都府長岡京市の大工、渡辺利幹容疑者(41)の供述通り、8日未明(2015年12月)、建築工事を請け負った住宅の敷地から毛布にくるまれた遺体が発見された。警察は妻の遺体とみて身元を確認している。渡辺は「(京都市の南丹市の新築に)遺体を車で運んで埋めた」と話していたが、殺害についても認めたようだ。この家の住民は何も知らずに生活していた。

財布握られ不満爆発

   渡辺は妻の広子さん(当時37)と長男(7)の3人暮らしだった。仲のいい家族とみられていたが、おととし9月(2013年)ごろ、が急に広子さんがいなくなった。近所の住民は「しょっちゅうケンカして、ケンカの声がすごく聞こえていました。それが9月に出張して帰ると、ピタッと止んでいたので、おかしいなと話をしていたんです」と語る。よく知る人には離婚したとウソを言っていた。

住人は気の毒

   けんかの理由について、仕事上の付き合いのある男性は「夫婦間でお金のことでトラブルがあったと聞いています。広子さんがお金を握って、自由に使えなかったので不満を持っていたようです」と話す。

引っ越すにも引っ越せない

   司会の小倉智昭「渡辺容疑者に工事を頼んだ、いまも住んでいる人は気の毒でしたね」

   竹田圭吾(国際ジャーナリスト)「住宅保険もここまでカバーするようにはなっていないでしょうから、本当につらいですね」

   笠井信輔(ニュースデスク)「すぐにも引っ越したいでしょうね」

   キャスター菊川怜「せっかく若い夫婦がマイホームを築き上げたのに」

   ホームページには「お客様に後悔させることのない、ご納得いただける仕上がりにいたしますので、どうぞ安心してお任せください」と書いていたが、とんでもない大工だった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中