2018年 9月 24日 (月)

「花燃ゆ」大河ドラマ最低視聴率争い最終回逆転?「平清盛」とわずか0・01%差

印刷

   低空飛行のままNHK大河ドラマ「花燃ゆ」は13日(2015年12月)に最終回となるが、話題となっているのは最低視聴率を免れるかどうか。これまで最も低かったのは2012年放送の「平清盛」で12・01%だが、花燃ゆは今週の49話までで12・00%なのだ。最終回が13%近くなら平清盛を超え、最低視聴率という屈辱を免れることができる。

   花燃ゆはこれまでにひとケタ視聴率が5回あるが、ここ10回ほどは13%台を連発してやや回復傾向にある。最終回ぐらいは見ようという視聴者が多ければ逆転もありだ。ただ、同じ時間帯にテレビ朝日のフィギュアスケート「グランプリファイナル・バルセロナ大会」の男女フリーがあり、羽生結弦や浅田真央が出場する。こちらに食われると・・・。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中