高橋みなみ「街で突然肩たたかれたり、声掛けられたり・・・正直恐怖しかない」

印刷

   AKB48の高橋みなみ(24)は12月13日(2015年)、街で突然肩をつかまれた経験を明かしている。「声掛けられたりしないの?」とトークアプリ「755」で尋ねられ、「声掛けられたら逃げる 逃走」「あれ有難いんだけどさ 知らない人に 名前突然呼ばれたり肩叩かれたり 正直恐怖しかないんだから逃げる」。

「肩掴まれて振り向かされた事もあったね 死ぬかと思ったw そしたら男の子で もっと後ろにいる彼女に ほら!やっぱたかみなだ!って言って彼女がやめなよー!って怒るという図 私はそこでドン引きし たかみなじゃありませんと去る」
「タクシーに乗ってたら信号待ちで窓をドンドン叩かれたら知らん人達がいて やっぱりー!って言われて写真連射されたりね」(原文ママ)

   「沢山書いたけど みんなの事じゃないから 本当に応援してくれてる人は相手の事を思うから 私の事見つけても 少し早歩きして私の前で 頑張っての顔をしてガッツポーズして去っていったり いい人ばかりよ」と、あくまでごく一部の人によるものだと注釈した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中