少女ら全裸所持品検査!児童相談所「意見箱の用紙なくなった。隠してないか」

印刷

   神奈川県の相模原市児童相談所が一時保護している少女8人を全裸にして所持品検査をしていたことがわかった。意見箱に投入する用紙が1枚なくなったため、女性職員2人が9~15歳を浴場の脱衣所に集め、バスタオルで隠しながら服を脱がせ、用紙を隠しているかどうか調べた。用紙は見つからなかった。

   全裸所持品検査が行われたのは今年8月(2015年)だったが、きのう14日(2015年12月)、児童相談所が発表し「人権を無視した行為だった」と謝罪した。

少年も下着姿にして検査

   児童相談所は親の病気や虐待などの事情で家庭での養育ができなくなった子供たちを保護している。相模原の児相では厚生労働省の「プライバシーの保護の徹底」の指針に基づいて、互いのフルネームや連絡先の交換、紙やペンも含め勉強以外の私物所持を禁止している。過去に援助交際のやり方を教えるメモがあったことから、用紙の紛失防止のために徹底を図っているという。少年9人(7~15歳)にも下着姿で検査した。

笠井:初めから疑い

   今回発覚したのは、少女の1人が職員に相談して、「私たちを疑い裸にするのはひどい。耐えられない」と訴えたためだ。

なくなったのはたった1枚

   司会の小倉智昭「紙1枚探すために、犯罪者扱いにしている感じがしますね」

   安田洋祐(経済学者)「悩ましいのは、放っておくと新たな犯罪に走るかもしれないと心配するのと、一方でお前が犯人ではないかと疑ってしまう。その天秤が難しいところですね」

   笠井信輔(ニュースデスク)「子どもを守るためにはそこまでしないとダメなんだという価値観で運営しているような感じがしました」

   小倉「ちょっと首が傾げますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中