ざわちん「夢の海外進出への気持ち込めて、200人目ものまねメイクはJ・ビーバー」

印刷

   ざわちん(23)は200人目のものまねに世界的なポップミュージシャンのジャスティン・ビーバーを選び、メイクした顔を公開した。「200人目という節目でもあり、かねてからの自分の夢であった『ものまねメイクで海外進出する』という気持ちを込めて」「ジャスティンビーバーさん風ものまねメイクに決めました!!」

   これまでは自分と「全体のパーツがあまりにも違うから」と避けてきたが、今回は「いままでやってきた199人というレパートリーの中で生んできたテクニックでどれだけ近づけられるか試してみたかったという理由もあります」と、チャレンジの意味を込めている。

   「海外進出」について、「ものまねメイクの魅力を海外の方にも知ってもらえたらと思っています」とし、「ものまねメイクの魅力は憧れの人に似せることだけではありません。いろんな方のものまねメイクをしていると自分に似合うメイク法も見つかるし、メイクのスキルがあがってきます」と実用性もアピールしている。

   ただ、ジャスティン風メイクに「やっぱりわたしのものまねメイクはまだまだだなーと痛感」「自分がんばれ(笑)」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中