2018年 9月 19日 (水)

岩隈久志「ドジャース」55億円契約白紙!メディカルチェックで不合格

印刷

   スポーツニュースは「澤穂希の引退」と「黒田博樹の現役続行」一色だったけさ18日(2015年12月)の「あさチャン!」に、番組中に海外からニュースが飛び込んできた。今月(2015年12月)8日、アメリカ大リーグ「ドジャース」との間で「3年55億円」の年俸で合意していた岩隈久志投手が、正式契約に至らなかったという。

いためた広背筋か

   石井大裕アナ「夏目さん、落ち着いて聞いてください。関係者によりますと、身体検査の結果、岩隈投手のどこかしらに問題が見つかったということで、ドジャースは正式契約を見送りました」

なぜですか?

   司会の夏目三久「でも、3年55億円の契約は結んでいたんですよね」

   石井「合意はしていました。しかし、契約書にサインしていたかどうかは分かりません」

   夏目「その後にメディカルチェックがあって、何らかの問題があったということですか」

   石井「とくにメジャーリーグはメディカルチェックが厳しいんです。選手たちはドキドキしながらその日を待つんですが、(岩隈は)肩、肘などに問題が昔ありました。いまは大丈夫と言われています。そして、(今季は)広背筋をいためたということもありまして、どの部分に問題があったかは分からないんですが、55億円の契約は白紙になりました。(今季プレーしていた)マリナーズとの1年19億円という契約を蹴ってドジャースと契約を結ぼうとしていたんです」

玉突きで前田健太ドジャース入り浮上

   岩隈の今後が心配だが、この白紙撤回はほかにも大きな影響を与えることになるという。ポスティングシステム(入札制度)を使ってメジャー移籍を目指している広島・前田健太投手だ。

   石井「岩隈との契約が白紙になりましたので、ドジャースは55億円というおカネが浮くことになります。前田投手は西海岸に行きたいと言っていましたから、(これまで名前の挙がっていた)シアトル・マリナーズ、サンディエゴ・パドレスに加えてドジャースも獲得の可能性が出てきたということなんです」

   夏目「情報が入り次第、お伝えしましょう」

ビレッジマン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中