2018年 9月 25日 (火)

堀江貴文「ジャパネットたかたに社会的意義なし。ネットの方が安い。要らないものを口八丁で買わせてるだけ」

印刷

   堀江貴文(43)は通信販売会社「ジャパネットたかた」を社会的意義がないなどと批判した。12月17日(2015年)のツイッターへの投稿だ。「高田社長がユニークなのは認めますが、ジャパネットの社会的意義はあるとは言えませんね。ネット通販のほうが安いし、買う必要もないものを口八丁手八丁で買わせてるだけとしか見えません」

   ユーザーからは多くのリプライが寄せられた。「ネットにつながっていないテレビだけのおばあちゃんくらいだな」「完全同意。バナナの『たたき売り商法』と同一である」

   反論もある。「商売なんて少なからずそういうところあるだろう」「ジャパネットのが高いのは確かにそうですがネット環境が無いところもありますからね。そういう意味では社会的意義はあるかと」「楽しんでショッピング出来ればそれはそれで良いのかもですよ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中