エビ中・柏木ひなた「突発性難聴になりました。治療に専念します」

印刷

   アイドルグループ「私立恵比寿中学」の柏木ひなた(16)が、突発性難聴を発症したと12月17日(2015年)にブログで報告している。グループ公式サイトでも発表している。

   「左耳に違和感があり病院に行ったところ『突発性難聴』と診断されました。聴力が弱っているのでバランス感覚が鈍くなっていてめまいや吐き気などが起きてしまいます」と症状を明かしている。

   公式サイトでは、19日に予定していた握手会を欠席するほか、16年2月に予定されていたニューアルバムの発売延期などがアナウンスされた。柏木はファンに向け、「楽しみにしていたことが全て延期になってしまい本当に本当にごめんなさい」と謝り、チーフマネジャーと話し合った結果、「中途半端にならないように慢性化しないように治療に専念することを決めさせていただきました」と理解を求めた。

   今後について、「100%の状態でステージに立てるようにしっかり治療に専念させていただきます」「柏木ひなたは元気です!!!歌うことが大好きなんです!必ず戻ります!それまで待っていてください!」と復帰を誓った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中