「あさが来た」宣伝歌番組かい!?司会は波瑠、セット前でAKB主題歌!歌はつけたり・・・ 
<わが心の大阪メロディー>(NHK総合)

印刷

   1時間13分の間、ほとんどが自局番組の宣伝ばかり。そもそも司会が「あさが来た」の波瑠と友近で、特設コーナーも「あさが来た」の主題歌や「バラエティー生活笑百科」のお笑い版。その上、主題歌を歌っているAKB48のメンバーには、「あさが来た」の加野屋の大店のセットで歌わせた。バラバラにセットに座って歌っているのに妙に声が乱れていないのは、ハハン、口パクのアテレコだな。
   歌はつけたりだ。実力者の天童よしみや小林幸子はまだしも、西条八十作詞、服部良一作曲の天下の名曲、「蘇州夜曲」を唄った奇妙礼太郎という歌手のド下手なこと。曲の1番はメロディが間違っていた。ライブで有名だとか盛んに司会者がヨイショシまくりだったが、下手なものは下手!聴くに堪えなかった。
   日本一とかいうノッポビルからの中継で、小林幸子が鳥になって紅白もどきのド派手衣装で歌った時、あらら、中継アナウンサーがあの青井実クン。青井はクレジットの丸井の御曹司である。イケメンでスラリと背が高く、大金持ちのくせに、サラリーマンになって貧乏人の職場を取ることはないじゃないかと突っ込みたくなる人。いつの間にか大阪に飛ばされてた(?)。まさか、定期異動だろう。
   トウのたった華原朋美や中村美律子などを出演させ、筆者は見たこともないBOROら、大阪の人材不足は歴然としている。はびこっていたのはトリのオバちゃん・上沼恵美子だけだった。(放送2015年12月15日19時半~)

 

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中