2018年 7月 21日 (土)

住宅スプレー落書き被害!一晩に12軒・・・壁やフェンスに「バーカァ」「アホ~」

印刷

   千葉県市川市で1戸建て住宅の壁やフェンスにスプレーで落書きされる被害が相次いでいる。「バーカァ」「アホ~」の文字やぐるぐるとした曲線、ハートマークもあり、夜のうちに吹きつけたらしい。「住民が朝起きて見たら、それは驚きますよ」(司会の小倉智昭)、「ひと晩の間に何が?」(キャスターの菊川怜)という悪質ないたずらだ。

10年前からたびたび・・・千葉・市川

   おととい18日(2015年12月)の夜には12軒が被害にあった。いたずらは1階部分すべてに及び、表札や野外に置いてあった自転車にまで赤いスプレーが吹きつけられていた。深夜1時ごろに住人が帰宅したときにはなかったが、午前5時ごろに新聞配達員が通ったときにはあったという。

繰り返される

   ここから400メートルほど離れた地域でも、先週、10軒が赤や青のスプレーでいたずら書きされた。

   周辺では10年ぐらい前から同様の落書き被害があり、住民は「3回目か4回目になる。気持ちが悪い」「なんでこんな行為をする人がいるのかな」「治安が悪いように見えてしまうので怖いですよ」と、怒りと不安が広がる。

建造物損壊事件で警察捜査

   この汚れは簡単には落ちない。男性リポーターが水とブラシでこすっても、まったく落ちなかった。森本さやかアナは「完全に元通りにするには10万円から30万円かかるということです。通報を受けた警察は建造物損壊事件として捜査を始めました。5年以下の懲役にあたるそうです」と報告する。

   小倉「被害にあった人は煮えくりかえっていると思いますよ。マイホームは必死の思いで建てるのですからね」

   ニュースデスクの笠井信輔「繰り返される可能性もあります」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中