2018年 9月 19日 (水)

SW「フォースの覚醒」世界同時公開なのに1か月遅れ!中国のファン「不公平だ」

印刷

   アメリカ人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの10年ぶりの新作「フォースの覚醒」が18日(2015年12月)に世界同時公開された。公開3日間の興行収入は全世界で約300億円を突破したという。アメリカ・ロサンゼルスでは公開10日以上も前から映画館の前に泊まり込む騒ぎだった。

   ところが、世界同時を謳いながら、なぜか外されてファンが「不公平だ」と声をあげている国がある。中国だ。

政府の審査で公開外国映画に制限

   中国人男性のファンは「なぜ中国は同じ時期に上映しないのか。正直、ファンに対して不公平ですよ」と不満顔で訴える。インターネットにも「スター・ウォーズで盛り上がっているけど、中国は1月まで待つしかない。何か悲しい」「全世界同時上映だと思っていた私がバカだった」などという書き込みがいっぱいだ。

面白かったよ

   理由は中国政府にあった。思想的な審査に手間取るためなのか、中国では1年間に公開できる外国語映画は本数が限られており、「フォースの覚醒」も1か月遅れの公開という。

   司会の加藤浩次「僕、19日に見てきたんですよ。いやあ、たまたま空席があって、家族バラバラの席だったんですけど見たんですよ。これは間違いなくファンは満足する作品じゃないですか。面白かったですよ。僕は大満足でした」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中