2018年 9月 19日 (水)

ビビる大木、クロちゃんらと出かけた春画展で変なところに感心

印刷

   タレントのビビる大木が、芸人仲間の安田大サーカス・クロちゃん、谷+1と、東京・永青文庫で開催中の「春画展」に出かけたことを、12月22日(2015年)のツイッターで報告している。

   一緒に出掛けたクロちゃんは自身のツイッターで、

「芸術性を感じました。そして、年配の方や女子が多くてビックリした。文化に触れるのはとても感慨深いと思いました」

と素直な感想をつぶやいているのだが、大木の注目を惹いたらしいのは、会場の「ガラス」だ。

「顔を近づけすぎの人が多いのか、ガラスに顔のアブラが沢山付いてました」

と、妙なところに観察眼を発揮。「係りの方が拭いてました」と、興味深そうにツイートしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中