中国・南京でピンクのスモッグ!新たな特殊汚染物質?ネットでも大騒ぎ

印刷

   中国の南京市から街全体がピンク色に染まった写真が届いた。おととい22日(2015年12月)夕方のことで、もう1枚の写真でも空一面がピンクに染まっていた。どうやらスモッグのためで、汚染騒ぎが続く中国の異常な気象現象の一つだった。

あ

   スモッグは普通はグレー、白、褐色だが、夕焼けと重なってピンクに見えたのもので、特殊な汚染ではないと中国メディアは報じた。中国のネット上では「バラ色のスモッグなんて初めてだ」「新しい色のスモッグが出てきた」「絶対にブドウ味だ」と危機感はあまりない。

   司会の小倉智昭「夕焼けなら青色の空でも不思議はないのに」

   ニュースデスクの笠井信輔「PM2・5のような物質が漂っているから見えたようです」

   キャスターの菊川怜「なんか異様ですよね」

   小倉「こういう騒ぎ、いつまで続くのかねえ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中