2018年 8月 15日 (水)

百田尚樹、政治家になりたい作家やジャーナリストを批判 ネットは賛否両論に

印刷

   作家の百田尚樹(59)が、政治家になりたがるような作家やジャーナリストは、すべてイカサマ野郎だと思っている、などとツイッターで呟いたことで議論が起きている。

   百田氏は12月26日(2015年)、いろんな人から「政治家になる気はないか」とよく言われるけれども、自分にはそんな気はまったくない、と切り出した。作家やジャーナリストは絶対に政治家になるべきではないといい、「作家は孤高で自由な言論者であらねばならない。政治家になりたがるような作家やジャーナリストは、すべてイカサマ野郎だと思っている」と断言した。

   百田氏のツイッターには、「自分もそう思います。作家は想像力をなくす、ジヤーナリストは批判は出来るが、立場変わればなんとやら!」と賛同の声が出る一方で、「政治家になっている作家などが皆イカサマと言うのはこれまた違う気がします。入口が違うだけで政治家に向いている人も居るかもしれないからです」などと反論も寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中