2018年 12月 15日 (土)

最後の最後まで魅せた澤穂希!現役最終試合で自ら決勝ゴール

印刷

   女子サッカー澤穂希(37)の最後の試合となった皇后杯全日本女子選手権決勝で自ら決勝点を挙げ有終の美を飾った。0‐0で迎えた後半33分、右コーナから川澄奈穂美が蹴ったボールが頭上に来たところを澤がゴールに叩き込んだ。これが決勝点になり1‐0で2年ぶりの優勝を決めた。

tv_20151228151313.jpg

   司会の加藤浩次「引退試合なら皆が集まって楽しくやる。引退する選手にゴールさせてあげようという気もあるだけど、今回は皇后杯の公式戦決勝ですから、それはない。それを自分でゴール決めて優勝ですから」

   ウエンツ瑛士(タレント)「持っている人ってどこまでも持っているんですね。最後の最後まで活躍を見せてもらった」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中