2018年 11月 21日 (水)

GACKT「一流」の対応に賞賛の声 「格付け」連勝止まるも「大人のひと言」

印刷

   1月1日(2016年)放送の正月恒例特番「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日系)でチーム連勝記録がストップしてしまったミュージシャン・GACKTが、2日夜、インスタグラムでコメントした。

   09年の初登場以来ほぼ毎年出演していながら、常に「一流芸能人」の称号を守り続けてきたGACKT。しかし今回はチームメートの不正解により、1ランク下の称号である「普通芸能人」で終わってしまった。

   2日、自撮りした「すっぴん」画像をインスタグラムに投稿したGACKTは、

「昨日ジムでシャワーからあがったら凄まじい数のメッセージが届いてた。誰か死んだのかなと思ったら『格付け』のボクのランクが下がったことに対するものだった」

と放送後、ファンからたくさんのメッセージが寄せられたことに驚きを示した。

   チームメートがミスした直後こそ「ヤバい、涙が出てきた」と放心状態だったものの、インスタグラムでは

「そりゃ、下がることだってあるさぁ、人間だし。でも、あとは上がるだけだろ?ってことじゃん??今年が楽しみだ。GACKTがどれだけ高みに上がるかを見せてやる!笑」

と、打って変わってポジティブな姿勢をみせた。

   なおツイッターでは、チームメートのミスを責めなかったことについてファンから「感動した」とリプライが届いた。すると、

「責めてなんになるんだ?そんな先輩イヤだろ?先輩ってのはな、『その人みたいになりたいと思わせてくれる人、自分が困ったときに守ってくれる人、時には優しく怒ってくれる人』これが最低条件なんだよ」

と大人な回答で応じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中