2018年 11月 21日 (水)

土屋太鳳、紅白での着物姿は「井上真央さんへの憧れから」

印刷

   土屋太鳳(20)が、井上真央(28)に対する憧れの気持ちを、1月3日(2016年)更新のブログにつづった。

   二人の関係は、井上が主演を務めた朝ドラ「おひさま」(11年4~10月放送)で始まった。土屋も出演し、「この時の真央さんの姿が私の今の現場でのたくさんのことにとても影響を与えてくださいました」と明かす。

   その後、土屋が「まれ」で主演を務めていた時期は、井上も大河ドラマ「花燃ゆ」で主演を務めた。「何をどうしていいか分からない私に『もうひとふんばり!いろいろなことを含めて、ヒロインだよ!』とお隣の大河ドラマ『花燃ゆ』のスタジオから励ましてくださいました」。

   土屋は15年末の紅白歌合戦で着物を着て登場した。

「真央さんは、私にとって憧れのヒロインです。だからその憧れを、着物姿に込めました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中