櫻井翔の偽メールに悩んでた城島茂!「返事書かんかったから怒っとるのかと・・・」

印刷

   <今年も正月から本気です。初TOKIO×初嵐(日本テレビ系2015年12月31日深夜12時45分)>嵐とTOKIOのメンバーが日替わりで1人ずつ登場して、BARで「本気で聞きたいこと」を語り合った。3分間で灯りが落ちてしまう設定になっており、3分間しゃべり倒せるかが見どころだった。

城島「1日に十何通も来る。ええっ、櫻井クンじゃないの」

   この日は城島茂と櫻井翔が登場した。他愛ない話をしていた城島が急に深刻な顔つきで「悩んでることがあってん」と切り出す。後輩から1日に十何通もメールが届き、読んではいるが、返信せずそのままにしているという。マネジャーに内緒のメールだったり、コンサートが終わった後の楽屋からのメールが届くという。

   櫻井が不思議そうに聞く。「城島さんにメールするのがちょっとよくわかんない」

   城島「いや、それをきょうちょっと聞きたかってん。何でメールくれんの?」

   目を丸くする櫻井「僕っすか?」

   どうやら『後輩』というのは櫻井のことらしい。「翔って書いてあるの。ずっと返さんかったら、『僕じゃダメかな。やっぱり、松潤じゃなきゃダメかな。翔』って」

   ようやくことの次第が飲み込めた櫻井「それ、僕も来たことある。翔から」

   城島「えっ、櫻井クンじゃないの」

   櫻井「違いますよお。どんだけピュアなんすか」

櫻井「僕にまで翔と名乗ってくるんですよ」

   城島「ずっと悩んでて、どうしようかなあと思って。いや、だって、ずーっと置いてあんねんけど、でも、消すに消せんなって」

   櫻井「いやいや、消してください。それただちに。僕じゃないですよ」

   ここで初めて画面に「芸能人をかたる迷惑メールにはご注意ください」とテロップが入る。

   櫻井は「早く言ってくださいよ、それ。マネージャーづたいでも。よく来ますよ、翔とか潤とか、なんかよく」

   城島「なんかいろいろあんのかなと思って。メンバーとうまいこといってんのかなと思ったの」

   どうやら、城島は櫻井が他のメンバーとうまくいかず悩んでメールしてきていると思い込んで心配していたようなのだ。芸能人の名前を語るなりすましメールやツイッターは横行していて、時には詐欺だったりもする。櫻井が言う通り、城島はピュアすぎるようだ。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中