2018年 7月 23日 (月)

正月恒例「新春かくし芸大会」豪華さ懐かしい・・・安倍内閣大臣まで動員してカラオケ大会とは落ちも落ちたり
<超豪華!歌うま正月スペシャル 十八番で勝負!!新春!オールスター対抗歌合戦>(フジテレビ系)

印刷

   フジテレビの正月恒例番組「新春かくし芸大会」が消えたのは2010年だった。葬られた「かくし芸大会」の崇りかどうかはわからないが、ちょうどその頃からフジの評判が悪くなってきたような印象がある。
   だからといって今さら「かくし芸」をやるわけにもいかず、なにかお正月らしい豪華な番組はないものか、それも「かくし芸」よりもずっとお安めの制作費で・・・・・・と知恵絞ってたどりついたのがこれなのかな、というような番組だった。
   東軍西軍に分かれての歌対決で、MCは小倉智昭と加藤綾子アナ。相撲界からは横綱・白鵬、大島親方、旭日松、里山、野球界からはヤクルト畠山和洋、元五輪マラソン選手・増田明美、元バレーボール日本代表・大林素子、俳優・タレントは蟹江敬三の息子・蟹江一平、石田純一の娘・すみれ、清水アキラの息子・清水良太郎、さんま&しのぶの娘IMALUら歌自慢が集まる大カラオケ大会といった感じになった。
   なかでも注目は、経済再生大臣の甘利明と総務大臣・高市早苗の対決だ。甘利大臣がお友達の細川たかしからもらったというキラキラ衣装で「北酒場」、高市大臣が小泉元総理の前で歌ったというXJAPANの「Rusty Nail」を披露した。サプライズでYOSHIKIファンの高市のために甘利がサイン色紙をプレゼントする。甘利大臣はYOSHIKIともお友達だという。細川たかしとYOSHIKI、甘利大臣の意外な人脈が発覚したのと、大林素子の激やせぶりだけが見どころだった?(放送2016年1月1日18時~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中