携帯ペン型「ゆかり」売り切れ人気!焼酎、スパゲティ、ベヤングにパラパラ

印刷

   野上慎平アナ「これ、どう見てもペンですよね」

   司会の羽鳥慎一「ペンだったら、(ここで)やりませんよ」

   野上が見せたプラスチックのペン型のスティックは、実は「ゆかり」のふりかけで、これが人気になっているという。生産が追いつかず品切れが続いている。

   作ったのは広島の三島食品で、「ゆかり」を中心に約400種類のふりかけを、年間80万ケースも出荷している。どこの家庭にも一つくらいはあるものだが、いずれもプラのパックだ。これをペンスタイルにするという発想をしたのは三島豊社長だった。「試作品を持ち歩いていて、飲みに行った時、芋焼酎のお湯割にかけたところ、周りの女性たちが『きゃあ、なにそれ?』と大変受けました。私じゃなくてこのペンが」ということで、「よし、商品化しよう」ということになった。ところが、社員は全員が猛反対だった。

「ダメだった。理由は過去に私が提案した商品で売れた試しがないからでした」

   根気よく説得を続けて、昨年7月(2015年)に500円(税別)で1000本を売り出したら、瞬く間に完売した。12月10日に出荷した1万3000本も、24日の3000本も完売で、品切れが続いていると。

ハワイ料理が火をつけたアメリカのふりかけブーム

   三島食品は1988年からアメリカに進出して、和食ブームに乗って年々売り上げを伸ばし、2015年は10億円を突破する見込みだ。どうやら、ふりかけは塩、コショウのように一種の調味料と受け取られているらしい。

詰め替えも可

   火付け役はハワイの伝統料理「ポキ(poke)」で、ロサンゼルス・タイムズの電子版が昨年6月、「なぜいまポキが流行るのか」という特集記事を配信した。ポキは本来、魚介類を細かく切って、海藻やネギ、玉ねぎを刻んだものに醤油などで味付けしてあえた料理だ。その調味料に三島食品のふりかけが使われて、ロスで大人気だという記事だった。

   いまやチキン、サーモン、サラダ、刺身、おにぎり、ポップコーンにまで使われて、新たな食文化を生んでいるという。アメリカのスーパーには、三島の多種多様なふりかけがずらりと並んでいた。

社内で相手にされなかった社長のアイデア

   羽鳥「なんで社員の人は反対したんだろうね」

   野上「社長のアイデアで売れたものがなかったから、『またいってるよ』となっちゃったらしい」

   高木美保(タレント)「初ヒットじゃなくて、初ホームラン」

   羽鳥「携帯できるのもいいし、焼酎にかけられるといった途端の宇賀ちゃんの反応が・・・」

   キャスターの宇賀なつみ「おいしそう、やってみたいと思いました」

   羽鳥「シソの焼酎ができる」

   実際にご飯にかけてみると、強く振ってもちょうどいい量しかでてこない。

   羽鳥「アナウンサーには一番大事なことですよ。出過ぎない」(大笑い)

   宇賀「詰め替えもできるんですか」

   野上「いい質問です。できます」

   スティックの先端がネジになっていて、外すと詰め替えが可能だ。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「他のふりかけも入れられるんですね」

   羽鳥「三島食品じゃないものも入れたら大変」

   高木「甘味屋さんで羊かんにかける」

   玉川「スパゲティ。実際にやってる」

   「ゆかりちゃん」という漫画まであるそうで、その中で出てくるレシピには、ペヤングソース焼きそばやいなり寿司まであるそうだ。

   羽鳥「でも、いま売ってないんですよね」

   野上「作ってもあっという間に売れちゃう」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中