2018年 8月 18日 (土)

電力自由化 100社が乱戦!『新料金』セット割引が有利か、ポイント還元にメリットか...

印刷

   地域独占だった一般家庭への電気の供給が4月(2016年)から自由化される。ビジネスチャンスと見て、100社以上も名乗りを上げテレビCMも始まった。ところが、どこの電力会社を選べば得なのか複雑すぎてよくわからない。西村綾子リポーターが、「自由化で得するためのポイント」を解説した。

   まず、選び方の一つとして「セット割引」がキーワードだという。たとえば、東京ガスは電気とガス、インターネットをセットで契約すれば3年間で1万2000円ほど安くなるプランを検討中だ。ただ、セット割引は「2年契約すれば安いが、途中解約すると逆に高くなるケースが予想され契約内容についてきちんと調べることが大切です」(西村)という。

東京電力も新料金プラン発表

   ポイント還元も増えそうだ。自由化を迎え撃つ東京電力が7日(2016年1月)に打ち出した。電気使用量の違いで「スタンダードプラン」と「プレミアムプラン」があり、スタンダードは電気料金は安くならないが、電気料金の支払額に応じてT-POINTカードに年間約1000円分のポイントが付く。プレミアムは電気料金が年間約7400円安くなるほか、2年契約の特典で2年間1万4500円のポイントが付く。将来はこのポイントで電気料金の支払いができることも検討している。

tv_20160108160412.jpg

   司会の加藤浩次「それぞれ全部違うということですね。よく見ていかないと難しい」

   経済評論家の上念司「しばらく出揃うまで待っているのも一つのやり方です。携帯電話と同じで、流行るプランがあるとみなが追随するが、半年ぐらいでガラッと変わる可能性もあります」

   2020年までは現行の料金プランが引き継がれるので、様子見も選択肢の一つかもしれない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中