2019年 4月 21日 (日)

「堀北真希&山本耕史の部屋探し」不動産社員ツイート暴露!本人も身元ばれ炎上

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   堀北真希・山本耕史夫妻が部屋探しに訪れた不動産会社で、接客した女性社員にその内容をツイッターで流されてしまった。許されないことだが、これを見たネット族がこの社員に「復讐・私刑」を加え大炎上になった。

   女性社員は20代で、9日(2016年1月)にこう書き込んだ。「きょう、仕事で堀北真希と山本耕史夫婦を接客した。いきなりの出来事に手の震え止まらなかったw そしてついツイートしちゃった!!!!」「すっぴんマスクメガネで芸能人オーラ消してたからよくわからなかったけど、小柄で可愛らしかったのは確か!!! 旦那はかっこよかった!!」

   ここまでならまだ許されたかもしれないが、その後がいけない。「35万の物件を紹介したw」「賃貸で探してるくさいw」なんてことまで暴露したのだ。たちまち、「何漏らしてんだよ」「こんな事されたら有名人はどこにも住めなくなる」「個人情報もらす店員には厳しく断罪を」「ブラック企業かよ」「どういう思考回路してんだ」と批判が殺到した。

抗議電話で会社の業務ストップ。名前、勤務先、顔写真、出身校、家族写真までネットに

   女性は書き込みを削除したが騒ぎは収まらず。女性の勤務先の支店だけでなう、本店や他の支店にも電話が殺到して業務がストップしてしまっている。堀北・山本夫妻への謝罪や女性社員の処分も検討中というが、事態が収拾される見通しは立っていない。

集中攻撃の怖さ

   さらに、女性の個人情報が割り出され、名前、勤務先、顔写真、出身校から家族の写真までがネットに晒されてしまった。「復讐」「私刑」というのだそうだ。

   ジャーナリストの井上トシユキさんによると、今回の女性のような投稿をする人は他のSNSや掲示板も使っているので、そうした書き込みから個人情報が取れてしまうのだそうだ。いったん書き込まれた情報は完全には消えないから、批判もエスカレートしていくという。

   今回のツイートに街の声は「配慮に欠ける」というものから、「自慢したいというのがあるから、自分もツイートしてしまうかも」というものまでさまざまだ。30代の高校教師の女性は「個人情報の取り扱いについては、生徒に指導はするんですが、なかなか徹底しません。犯罪になりうるとは思わないんです」と話す。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中