2019年 7月 20日 (土)

外国人スキー観光客 相次いで遭難!計画書提出せずにバックヤード

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   長野県野沢村の野沢温泉スキー場と福島県裏磐梯の猫魔スキー場で相次いで外国人スキーヤーが遭難した。いずれもバックヤードと呼ばれる通常のゲレンデはない立入り禁止の斜面を滑り降りたもので、雪の中で動けなくなったり、ルートを見失ったりした。

   きのう13日(2016年1月)朝、野沢のフィンランド国籍の男性6人、裏磐梯のオーストラリア国籍の男女6人が救助された。

野沢温泉スキー場「捜索救助費用請求する」

   救助されたオーストラリア男性は「凍えるほどの寒さでほとんど眠れなかった」と話した。バックカントリーは新雪や誰もいない大自然を満喫できると、欧米では人気だ。しかし、今年の野沢温泉スキー場は、例年なら雪で覆われているヤブが積雪が少ないため露出していて、フィンランドの男性グループはヤブに迷い込んで身動きが取れなくなった。

   野沢温泉スキー場を運営している片桐幹雄社長によると、バックカントリーをする外国人スキーヤーには計画書の提出を求めチェックしているが、遭難したグループは計画書を提出しなかった。捜索救助にかかった費用については弁済を求めるという。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中