「SMAP」素人相手にヨイショあわれ!カリスマ・アイドルいまやのど自慢盛上げ要員・・・口ひげ木村拓哉タダのおっさん
<NHKのど自慢チャンピオン大会2016>(NHK総合)

印刷

   確か去年も書いたと思うが候補者14人の選び方が作為的である。14人のうち50代以上はわずかに1人で、今年は中学生が2人も加わった。そればかりか、グランドチャンピオンになったのは、中1のたった12歳の少年だった。夜8時を過ぎて12歳の子に仕事をさせていいのか。全体的に昨年よりは歌唱力のある人が多かったが。
   昨年はSMAPがド中年になって人気が落ち、ジャニーズの経営者たちが危機感をもっているのか、「のど自慢」に出まくっていた。その流れで今回もSMAPの5人がべったり座り、出場メンバーに張り付く。ゲストの天童よしみも張り付く。木村拓哉が口髭を生やして「(歌が)上手すぎてヤバい」とか持ち上げる。かつてのカリスマ・アイドルの面影はすっかり消えて、タダのおっさんだ。
   優秀賞の2人の男女はそれぞれ持ち味を出して受賞に納得である。今回の「びっくりぽん」は審査員で出てきたタレントのミッツ・マングローブだ。NHKも変わったもので、昔だったら絶対に出さなかったオカマが審査員だ。彼女(彼?)の肩書が「女装家」だって(笑)。ちらっと出た審査員室の審査風景で彼女(?)が大きな声で、「・・・男の子でしょ」とか何とか喚いていた。それで少年がチャンピオンだとわかっちゃった。NHK、これは計算違いだったろう。湯川れい子らまともな評論家や作曲家や作詞家などの審査員に混じって女優の真矢ミキら色物も必死でヨイショしていたけれどネ。(放送2016年1月11日19時半~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中