「雪の通勤」直撃!鉄道大混乱なぜ起きた?間引き運転告知せず、乗客続々駅へ

印刷

   きのう18日(2016年1月)の首都圏の雪では、とりわけ鉄道関係に大きな混乱が起きた。ホームに人があふれ、危険な状態になっても、次々と乗客が押し寄せたのだ。なぜここまでの混乱になったのか。

   乗客がJR品川駅の状況を撮影した映像があった。山手線の広くもないホームはぎっしりと人で埋まり、人垣すれすれに電車が入ってくる。しかし、満員で乗ろうとしても乗れない。人の波は改札の外まで続いている。

「いつまで並ぶのか、乗れるのか乗れないのかまったく情報なし」

   品川駅のような光景はいたるところであった。東急東横線の学芸大学、自由が丘、横浜、東武東上線の上福岡、京王線の千歳烏山、調布などだ。とりわけ、千歳烏山では午前11時になってもホームから人が溢れていて、道路上に100メートル以上も列ができていた。

情報少なすぎる

   木村佳那子リポーターが千歳烏山で難渋していた出勤途中の女性に密着した。仕事先は東京・杉並区の永福町で、いつもなら30分のところを延々と待って4時間かかってやっと会社にたどり着いた。電車が来ないことがわかっていれば、歩いた方がはるかに早い。「でも、情報が入ってこないので、どれくらい待てば乗れるかがわからないんです」「動けないので、何をどうしたらいいかという状況がわかんない。会社は来いというし・・・」

   司会の羽鳥慎一「3時間待つんなら歩いた方がと思いますけど、何時間待つかわかんないと並ばざるをえないですよね」

   浜田敬子(「アエラ」編集長)「私は8時すぎから並んで、電車に乗れたのが9時45分でした」

   羽鳥「乗れるのは9時45分ですよと聞けば、考えますよね」

   浜田「渋谷まで歩けば銀座線に乗れました。でも、なんで並んでいるのか、電車がいつ来るのか、まったくアナウンスがありませんでした」

前日に間引き情報あれば対策取れる!時間差通勤、午前中の会議中止・・・

   架線事故も重なって、京王線は通常の3割運転、東急(田園都市線、東横線)は6割の運行だった。交通評論家の佐藤信之氏は「大雪の予想が出たら、間引きダイヤを前日に告知すべきだ」という。

   羽鳥「利用客の数は変わらない。電車の数が減る。だからこうなるんですよね。事前にいってくれたら方策もあるということでしょうね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「間引きのダイヤを前日に言われても、利用者からすれば意味がないんじゃないかな。それより、どれくらい待たないと乗れないかという情報ですよ。すべての交通インフラが情報を出さないと」

   青木理(ジャーナリスト)「電車側が情報を出すのも一つだけど、乗客の会社の方も休みにするとか、半ドンにして午後からにするとかの対応しないと・・・。社員を寒いところで2時間も3時間も待たせるのはいかがなものかと思いますね」

   浜田「前日に間引き運転がわかれば、午前の会議はなしにするとかできますよね。しかし、きのう朝は調べても間引き運転の情報はありませんでした。みんな駅まで行ってわかったんです」

   羽鳥「僕だったら、『いま並んでるんですけど』と電話して、家にいる可能性ありますね」(笑)

   青木「みんな電話持ってるんだから、意思疎通して、きょうはやめとかいう人がいれば、こんなに並ぶ必要はなくなるよね」

   羽鳥「情報を考えたほうがいいかも」

   青木「災害に近いですから」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中