吉田羊「大河『真田丸』の現場へ。薙刀の基本的な型を習いました」

印刷

   女優・吉田羊が1月18日(2016年)、NHK大河ドラマ「真田丸」の現場の様子を写真とともにブログで報告した。吉田は真田信幸(大泉洋)の正室・稲(小松姫)を演じていて、主人公・真田信繁(堺雅人)の義姉に当たる。

   「今日は大河の現場へ。薙刀を嗜んでいた稲姫。今日は基本的な型を習いました」と、衣装を着て稽古に臨んでいる写真をアップした。「『羊さん、大河の撮影やってる??』と思っていたそこのあなた。安心してください やってますよ。笑」「稲姫いよいよ始動です。その様子は、もちっと待っててね。とにかく明るい稲より」と結んだ。

   吉田の凛々しい姿に「なぎなたを持つ姿、きりりとしていて素敵」「大河への登場も心待ちにしております」と期待するコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中