2018年 7月 19日 (木)

SMAP収まらない騒動!中居心配、25周年企画、9月の契約更新・・・まだ波乱含み

印刷

   「きのう(2016年1月19日)は各紙大きく取り上げていましたが、けさ(20日)は落ち着くかと思ったら、そうでもないですね」

   司会の小倉智昭が伝える。SMAPの解散騒動は一件落着したとみられているが、各スポーツ紙をみるとまだまだ余波が続いている。

   日刊スポーツ「中居が心配」、スポーツニッポン「SMAP試練」、サンケイスポーツ「中居拒否していた」、スポーツ報知「全国お詫びツアー SMAP」と派手な紙面だ。収まった様子はない。この先はどうなるのか。各紙の担当者に聞いた。

特別扱いせず、後輩グループともコラボ?

   スポーツニッポンの山崎智彦・専門委員は「長い目で見てみると、メンバーそれぞれが乗り越えていかないといけないことがあると思います」と指摘し、サンケイスポーツの山下伸・芸能デスクも「今後の仕事はそんなに甘くない。9月(2016年)にもう1回契約するのか、お休みするのか、そこがターニングポイントになります」と厳しい見方だ。

まだ続いてます

   日刊スポーツの竹村章・芸能デスクは「これまでのSMAPはジャニーズ事務所の他のアイドルとはちょっと違う路線を歩んでいると思うんですが、今後は変わってくるんじゃないでしょうか。コラボとかもあるかもしれない」と変化が起きると見ている。

あす21日発売の「週刊新潮」が第2弾

   今後の活動については、「SMAPも『ジャニーズカウントダウン』に登場する可能性もある」(日刊スポーツ)、「25年間支えてくれたファンへの恩返しイベントをやるのではないか」(スポーツニッポン)、「25周年コンサートは、今年は無理でも来年に違う形で行われるのでは」(サンケイスポーツ)などと予想している。

   小倉「週刊誌はまだ続いて記事を出してくるようですね。25年となってそれぞれメンバーの考えが変わってくるのは当然のことで、これからSMAPがどうなるか、ファンの皆さんも注目して見てあげるのがいいのではないかと思います」

   騒動の火付け役となった「週刊新潮」があす21日発売(1月28日号)の第2弾でどう書いてくるか、まずは注目だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中