「終末期鎮静」は安楽死か?激痛の末期がん患者に鎮静剤投与し「眠ったまま最期」

印刷

   激しい痛みを訴える末期がん患者の在宅医療の現場で、「終末期鎮静」が広がっているという。苦痛を取り除くため鎮静剤を投与し、意識を落として眠ったまま最期を迎えるというものだ。多くのケースで水分や栄養は与えられず、眠ったまま数日から1週間で死亡する。昨年(2015年)、NHKなどが行ったアンケートでは、在宅治療を行った医師の4割が過去5年間に終末期鎮静を行った経験があると回答した。

   しかし、「持続的な深い鎮静」と呼ばれる終末期鎮静は、安楽死と区別ができないという指摘もある。

家族の苦悩「死に加担してしまったという罪悪感」

   NHKの池田誠一記者(報道局特別報道チーム)はこう報告する。「日本で違法となる『積極的安楽死』では、医師が患者に死にいたる薬を投与して命を終わらせます。終末期鎮静は苦痛緩和を目的として鎮静剤を投与するもので、積極的安楽死とは違うとされています。しかし、薬を投与したあと患者が命を終えるという点で、両者はよく似ているんです」

   自宅療養で強い痛みを訴える末期がん患者に終末期鎮静を行ったある医師は、「穏やかな状態で患者を見送りたいのが本音ですが、必要となる人はどうしても出てきてしまう」と話す。鎮静は「患者さんを取りまくすべての人たちの苦痛を緩和する最後の切り札」だが、「ご家族にも場合によっては何年も残るような後悔と、つらかった思い出になる」と言う。

   姉を子宮けいがんで亡くした女性は「姉の死に加担してしまったという罪悪感」を感じ続けているという。家族は終末期鎮静を希望していなかったが、本人の希望を受け入れて行った。しかし、「たとえ本人が苦しかろうと、望んでなかろうと、生きるための医療行為をし続けることが、姉をあきらめないことなんじゃないか」との思いがあるという。

家族は同意しても本人は認知症。意思の確認が取れない・・・

   3年前、末期の肝臓がん男性患者に鎮静を施したある医師も心が揺れている。患者は強い痛みから来る「せん妄」状態で、認知症も患っていて、大声を出したり暴れたりしていた。患者を主に介護していた妻は体力的にも精神的にも限界と見られる状況となり、鎮静を検討した。

   妻は同意したが、本人の明確な意思は確認できなかった。この場合、ガイドラインでは本人の以前の考え方から推測して、鎮静を希望しているかどうかを判断するそうだ。この医師は患者がかつて「穏やかに死にたいと話していた」と聞いて、鎮静を行った。ガイドラインの要件は慎重に判断したつもりだが、家族の境遇にも配慮してしまったのではないかと自問自答している。

   池田記者「日本緩和医療学会は終末期鎮静の要件をより厳しくしようと検討しています。そもそも、ガイドラインは多くの医療従事者が判断に関われる病院などで使われることが前提になっていて、在宅を念頭に作られていません。今後は、在宅でも複数の医師が判断に関わることができるような仕組みを作るなどの検討が必要だと感じました」

*NHKクローズアップ現代(2016年1月19日放送「『最期のとき』をどう決める~『終末期鎮静』めぐる葛藤~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中