2019年 5月 21日 (火)

ご近所の「迷惑女」やっと逮捕!30年前から卑猥な暴言や騒音まき散らし

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「うちで××××しようか」
「うつ病になるぞ!」

   聞くに堪えない卑猥な言葉や「カン、カン、カン」という金属を叩く音が深夜になると住宅地に響く。こんな迷惑行為を30年間続けてきた大阪・八尾市に住む81歳の女が12日(2016年1月)、大阪府迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された。「あれは自分の独り言だ」と容疑を否認しているという。

隣家「子どもに聞かせたくない言葉を浴びせられ続けました」

   女が逮捕され静かになった住宅地を大竹真リポーターが訪れた。住民は「戻ってきた時のことを考えると不安だ」と話す。女は毎日のように深夜0時、3時、5時に大声で罵声をあげ、金属を叩いていたという。女の家に隣接する住民は「子どもには聞かせたくないような言葉を浴びせられたり、罵るような、罵声のような感じで言われるのが一番つらかったですね」と話す。

tv_20160122144840.jpg

   この迷惑行為は女が引っ越してきた30年ほど前から始まっていた。きっかけはイヌだったようだ。「うちに室内犬がいたんですが、表から怒鳴り声が聞こえたので何かなと見たら、(女が)塀にまたがっていました。その姿を見たイヌが庭に出てしまったので、義母がイヌを抱きかかえ連れ戻そうとしたら、スコップで頭を叩かれたのが始まりです」と近所の住民は話す。別の住民は「イヌを飼っていたが、うるさい、臭いとイチャモンをつけられたんです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中