2018年 7月 21日 (土)

がめついテレ朝に口あんぐり!渦中の草彅剛に沢口靖子のゲタもはかせて高視聴率
<スペシャリスト 第1回>(テレビ朝日)

印刷

   がめついというか小利口というか、テレビ朝日の達者さには口あんぐりだ。昨年、スペシャル版を放送した、今をときめく(?)草彅剛主演の刑事物語だが、その宅間善人の登場場面が、人気ドラマ「科捜研の女」の中で出てきたのである。お蔭で、第1回の視聴率は17.1%という高視聴率だった。沢口靖子の数字までいただき。
   宅間はかつて冤罪の殺人事件で10年間刑務所に入っていたのだが、その間に犯罪者の性癖や嗜好やあらゆる情報を頭に分類して出てきた。今回は京都府警から東京の警視庁に異動になった宅間が、名家の新宮司家での主の首つり偽装殺人事件を解決する話だ。事件の現場で気絶させられ、またもや拳銃を持った姿で発見されるが。
   筋はどうでもいい。SMAP解散騒動の余波なのか、草彅が妙に頬がこけて逆▽形の顔になっていて鋭い強面の刑事ぶりだ。冤罪で服役していた辛さばかりか、出て来てからも警視庁内のわけのわからない部署でこき使われる苦労の所為でやつれていると思わせる副産物の効果を生んでいる。一緒に捜査するのは反発ばかりする我妻真里亜(夏菜)と、上司の警備対策官・滝道博善(吹越満)。京都府警から異動してきた姉小路千波刑事(南果歩)も宅間を助ける。
   「相棒」や「科捜研」が長くなってパワーが落ちてきたので、次なるシリーズものを模索しているのか、よくもまあ、次々に刑事・探偵ものを出してくる放送局!ま、見る方は楽しいけどね。(放送2016年1月14日21時~)

(黄蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中