2018年 12月 11日 (火)

泣きべそ香取慎吾「騒動」後の初生出演!ガックリ疲れ顔・・・気心知れた竹内結子にも「まだ新作映画見てません」
<SmaStation>(テレビ朝日系)

印刷

   竹内結子をゲストに、「2016年ヒット予測BEST13」を紹介するものだった。SMAP解散騒動後、香取慎吾の初の生放送ということで、何か発言するのではと期待して見たが、特にその件には触れず。

   香取は騒動のゴタゴタに加え、連ドラの撮影もあり、疲労している様子だったが、ドラマ「薔薇のない花屋」で共演したこともある竹内がゲストだったこともあり、距離感も近くトークが弾んでいたのはよかった。香取は竹内の主演映画「残穢~住んではいけない部屋」を「怖くてなかなか見られません」とお詫びしていたが、本当はゴタゴタで映画どころじゃなかったんだろうと察する。

   それはさておき、番組の中身はというと、「ぷにごはん」「マッサ」「乳酸菌チョコレート」「ベジヌードル」などなどが、今年ヒットしそうだという。なかで気になったのが「近大ナマズ」だ。

   近大(近畿大学)が「近大マグロ」に続いて開発したもので、品薄のウナギに代わる蒲焼き素材にしようとしている。ナマズの生臭さなどを改善し、育成期間はうなぎの半分、価格もウナギの半額以下ということで、昨年夏から試食品が提供されている。これが今年は一般流通にも登場してヒットしそうと予測しているのである。試食した竹内は「ウナギです」と太鼓判を押す。ぜひ食べてみたいものだ。(放送2016年1月23日23時15分~)

(白蘭)

採点:1

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中