ルービックキューブ世界最速1・042秒!一瞬で動作判断するロボット

印刷

   ルービックキューブが世界的な大ブームとなったのはずいぶん以前だが、動画サイトのYouTube(ユーチューブ)では、いまだにそろえ方を教える動画が人気を得ているし、世界最速でキューブをそろえると謳うロボット「World's Fastest Rubik's Cube Solving Robot」の映像が投稿され、約500万回再生されている。

   このロボットはアメリカ・ミズーリ州のソフトウェア開発者のジェイ・フラットランドさんらが開発したもので、4つのウェブカメラで各面の色(構成)をすばやく把握し、コンピュータのプログラムで最適な動作を指示する仕組みだ。

制作者「1秒切ってギネスに挑戦」

   ユーチューブの映像によると、ロボットは1・042秒でキューブをそろえている。現在のギネス世界記録は2・39秒だというから、大幅な記録更新と言えそうだ。ちなみに、人間の最速記録は4秒程度だという。

   フラットランドさんはこのロボットをギネス記録に正式に申請する予定で、その際には1秒を切る記録を出せると自信満々だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中