2018年 9月 26日 (水)

最強寒波襲来で野菜急騰!鍋あきらめる?大根、春菊、白菜・・・軒並み2倍

印刷

   つい1か月前まで「値崩れ状態」といわれた野菜が高騰している。東京のスーパーでは2倍以上になっている野菜もある。

   司会の夏目三久「この寒波の影響で、一気に値上がりしています」

   スーパー「アキダイ」の秋葉弘道社長は「平年より入荷量が減り、価格もだいぶ高騰していますね」という。11月上旬に1本88円だった大根がきのう27日(2016年1月)。68円の春菊は128円。2分の1カットで88円だった白菜は4分の1カットで78円になった。ブロッコリーにいたっては88円が238円だ。

ホウレンソウは値下がり

   今後もキャベツ、白菜、レタス、ピーマン、ブロッコリー、カブなどの入荷量が減る見通しで、来月上旬の価格上昇が見込まれる。鍋のシーズンだというのに、材料が軒並み芽上りというわけだ。

値上がりです

   ホウレンソウは産地が大雪の影響などを受けなかったため、出荷量が増えて、値下がりする見込みだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中