「えごま油」色や臭いおかしい!健康成分半分の商品も・・・クレーム急増

印刷

   エイジングケアや認知症予防に効果があると人気のえごま油に、「色や臭いがおかしい」というクレームや成分表示に疑問があるという指摘が起こっている。国民生活センターに寄せられた相談は2014年の14件から15年は157件と10倍に増えた。

法的な規格なし

   えごま油は胡麻ではなく、エゴマの種を絞って作られる。本来はサラサラで無臭だ。国民生活センターが検査した20銘柄のなかには、主成分のαリノレン酸が通常の半分程度のものもあった。法的な規格はなく、国民生活センターはメーカーに品質管理と成分表示を求めている。酸化しやすいため、熱や光に弱い。冷暗所に保管し、早めに使う必要があるという。

良いものは多い

   キャスターの菊川怜「良いものは良いのでしょうけどねえ」

   司会の小倉智昭「評判がいいので、使う人が増えたためにクレームも増えたということですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中