2018年 10月 17日 (水)

今夜から日曜朝までずっと雪!南岸低気圧2連発で都内でも積雪5センチ

印刷
「ズバリ、関東平野部でも今夜29日(2016年1月)から雪が積もります」

   気象予報士の藤富郷はこう言い切った。2個の南岸低気圧が前後して進んでくる。「2個の低気圧で雨、雪の降る時間帯が長くなり、31日の朝まで残るのが今回の特徴です」という。さらに、関東地方の上空500メートル付近、ちょうどスカイツリーの高さあたりに0度以下の冷たい空気が下りてきている。

18年前の成人式大雪とそっくり

   天気としては、都心で16センチの積雪があった1998年1月15日の成人の日によく似ている。この時も2個の南岸低気圧が接近して進んだうえ、エルニーニョが観測史上最大だった。今年のエルニーニョは史上3番目に強く、暖冬傾向で条件が同じという。

   藤富「予想される雪は、30日朝にかけて関東北部山沿い、山梨、長野で40センチ、関東南部山沿いで15センチ、関東平野部で5~10センチ、東京23区で5センチの積雪になりそうです」

   30日昼ごろにいったん止むが、さらに2個目の低気圧が関東に接近して30日夜から31日朝にかけて再び雪が降り出す可能性があるという。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中