2019年 4月 22日 (月)

甘利明辞任!致命的だった「大臣室でカネ受け取り」個人的な付き合い通用せず

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   甘利明・経済再生担当相はきのう28日(2016年1月)に会見し、辞任を表明した。建設業者からの金を受け取ったのは事実で、秘書が使い込んだ部分もあって言い訳が立たなくなったということらしい。安倍首相は後任に石原伸晃・元環境相を任命した。

安倍首相「支持率10ポイント下がっても甘利を支える」

   甘利前大臣は建設業者から50万円づつ2度、計100万円を受け取っていた。これは政治資金収支報告書に記載した。しかし、秘書が受け取った500万円のうち200万円は記載したが、残り300万円は秘書が使い込んでいたと明かした。秘書は接待も受けていた。

tv_20160129144040.jpg

   「国会議員としての秘書の監督責任、閣僚としての責務及び政治家としての矜持に鑑み、閣僚としての職を辞する決断を致しました」と語った。会見が始まってから30分も経っていた。安倍首相は「続投」と言っていたから、説明会見だと思っていたメディアは驚いた。

   甘利氏はTPP(環太平洋経済連携協定)やアベノミクスを担当して、自他共に認める安倍政権を支える柱の1人だ。安倍首相は当初辞任の必要を認めなかった。新聞報道によると、「支持率が10ポイント下がっても甘利氏を支える」といったことで、「そこまで言ってくれた首相の足を引っ張れない」と、逆に辞任に踏み切ったのだという。会見でも「足を引っ張るのは耐え難い」と言った。

   会見では「菓子袋から現金の入った封筒を取り出しポケットに入れた」と書かれていることについては、色をなして「そんなことをするはずがない」と反論した。ただ、業者のために口利きをしたかどうかについては触れず終いだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中